かがりまり

世界大百科事典内のかがりまりの言及

【手鞠】より

…江戸後期の《嬉遊笑覧》には,昔は立まりだったが今はひざまずいてするのが都会風だとある。手まりは手鞠,手毬と書かれ,糸まり,かがりまりともいい,ゼンマイの綿やおがくずを芯にして綿糸を堅く巻きつけたもので,芯に鈴や繭を入れて音が出るようにしたものもある。江戸後期の全盛期には表面を五彩の絹糸で巻いた装飾的なものがつくられ,御殿まりと呼ばれた。…

※「かがりまり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる