コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かせづえ かせづえ

世界大百科事典内のかせづえの言及

【杖】より

…小正月の夜の粥杖(かゆづえ)は《枕草子》で知られているが,これも同様の信仰によるものであり,また辻で杖の倒れた方向で占う杖占(つえうら)も同じ心意によるものである。六波羅蜜寺の空也(くうや)像にみられるように,民衆と接し各地を遊行することの多い聖(ひじり)たちは〈わさづの〉という鹿の角の杖をもち,その杖は〈かせづえ〉とも呼ばれた。宗教家の手にする杖は霊力をもち,その杖により清水が湧いたという弘法清水(こうぼうしみず)の伝説や,その杖が成長して樹となったとする伝説は各地に多い。…

※「かせづえ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

かせづえの関連キーワード撞木杖わさ角鉢叩

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android