コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

から押し からおし

世界大百科事典内のから押しの言及

【製本】より

… 中世には,本の製作(書写すること,彩飾すること,とじること)の仕事は,もっぱら僧院の記録室scriptriumで,僧の手でおこなわれ,表紙には皮革が用いられ,今日のような革装丁本が生まれた。12世紀になると,イギリスではロンドン,ウィンチェスター,ダラムをはじめ,主要な都市の僧院に製本技術学校が設けられ,革表紙の上に小形の印型を用い,いろいろの〈から押しblind tooling〉模様をつくった。 14~15世紀にかけて製紙術が普及し,15世紀中葉の活版印刷術の発明により,本が安価に製作できるようになったために,出版活動も本格化し,製本も従来の〈個人製本private binding〉(印刷された枚葉紙を買って自分で,あるいはおかかえ製本師により製本する)に加えて,出版所で製本してから本として売られる〈出版所製本edition binding,publishers’ binding〉があらわれたが,それが主流になるのはなお数世紀後であった。…

※「から押し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

から押しの関連キーワードアウターライズ地震ゴイアス歴史地区アンコウ(鮟鱇)パスカルの原理押っ付ける二段ポンプ浮出し印刷迫り上げる沸騰水型炉マッシャーノミ(蚤)吸取り紙火山岩尖押し倒し溶融紡糸種抜き器ビニヨン法線応力押しずし押出加工

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

から押しの関連情報