コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんちょろ かんちょろ

世界大百科事典内のかんちょろの言及

【カンテラ】より

…江戸時代のものは鉄,銅,黄銅などの金属製あるいは陶製で,土瓶のような大きな口をもち,これから太い布心を出して植物性油をともした。明治時代には石油ランプの普及にさきだって,石油用灯火具としてひろく全国的に用いられ,地方によっては〈あんくゎ〉〈かんちょろ〉〈ことぼし〉〈ちょろ〉〈てとぼし〉〈てらんぷ〉〈とくよう〉〈まんじょ〉などと呼ばれた。それらは多くブリキ製で,心をたてる口金装置をもち,これに一分心ほどの綿糸の心を使用した,ちょうどアルコールランプのような形式のものであった。…

※「かんちょろ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

かんちょろの関連キーワードカンテラ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android