コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きらめき烏帽子 きらめきえぼし

世界大百科事典内のきらめき烏帽子の言及

【烏帽子】より

…その塗り方により黒くつやを出した〈黒塗〉,つや消しにした〈椋実(むくのみ)〉,薄くさらっと塗った〈さわし塗〉などという名もあった。また烏帽子でこのようにしわをつくらず,なめらかに光らしたものを〈きらめき烏帽子〉と称した。
[かぶり方の変遷]
 烏帽子には緒があってこれで結い固めたことが平安時代の書物に見えているが,多くはただ頭にはめこむだけであったろう。…

※「きらめき烏帽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android