こけら

  • ・𣏕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 材木をけずる時にできる、木の細片。木を、おのでけずった時の細片。けずりくず。木片。こっぱ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※古今著聞集(1254)一一「只今ちりたるこけらばかりにて、前に散りつもりたるなし」
② 材木を薄くけずりはいだ板。槇(まき)、檜(ひのき)、椹(さわら)などの木材を、薄くけずって、板屋根などにふくもの。こけら板。木端(こば)
※看聞御記‐永享五年(1433)閏七月九日「地蔵殿上葺新造以こけら葺」
③ 「こけらずし(鮨)」の略。
※俳諧・本朝文選(1706)五・銘類・飯酢銘〈吾仲〉「かの茄子たけの子の鮓といへば、何のこけらにも似かよひて、あま法師のこがれものならんに」
[語誌](1)削ぎ落とす意味の動詞「こく(扱)」や、肉が削ぎ落ちた状態になる動詞「こく(痩)」と同源か。木の表面を削り落とした木片を指し、魚の表面を削ぎ落とすことで出る「こけら(鱗)」も同語源。
(2)木片を意味する語は、次第に「こっぱ(木っ端)」に代わられ、「こけら」は屋根の葺板を指すことが多くなっていった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のこけらの言及

【うろこ(鱗)】より

…動物の体表に存在する硬い小片を一般にうろこといい,〈こけら〉ともよばれる。動物学的に定義すれば,脊椎動物の皮膚に生じたリン酸石灰質あるいは角質(ケラチン質)の小片である。…

※「こけら」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こけらの関連情報