コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こませ コマセ

デジタル大辞泉の解説

こませ

釣りで、を集めるための撒(ま)き(え)。こまし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こませ

釣りで、撒き餌。また、それに用いる小魚など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

こませの関連キーワード「新生児マススクリーニング」ペーパークロマトグラフィーインドクトリネーションこませ醤蝦・こませ醬蝦ink ribbonアスファルトフェルトカフェ・ロワイヤルイカリムシ(錨虫)ピーエッチ試験紙メトロン星人ルーフィング天井を見せる引っ込ます越路 吹雪アイス染料トビガエルアルコーブ声を上げる煮含める含油軸受

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こませの関連情報