コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こんにちは赤ちゃん事業 こんにちはあかちゃんじぎょう

知恵蔵の解説

こんにちは赤ちゃん事業

生後4カ月までの新生乳児のいるすべての家庭を訪問し、さまざまな不安や悩みの相談に応じ、子育て支援に関する情報提供を行うもので、母子の心身の状況や養育環境を把握し、助言を行い、支援が必要な家庭は育児支援家庭訪問事業につなげたり、保健センターにおける保健師等の家庭訪問につなげる。この事業の目的は、乳児のいる家庭の地域での孤立を防ぎ、育児不安の軽減や子供虐待の予防に結び付ける。国の事業として2007年にスタートした。 訪問者としては母子保健推進員、愛育班員、民生児童委員、子育て経験者などが想定されており、各地域で適切な訪問者の発掘が求められている。

(中村敬 大正大学人間学部人間福祉学科教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

こんにちは赤ちゃん事業

生後4カ月までの乳児がいる家庭を、市町村が選定した保健師や児童委員らが全戸訪問し、相談に乗る。核家族化や少子化が進み、育児に関する知識・経験が乏しくなった母親を支援する狙いで、厚生労働省が2007年度から始めた。費用の半額を市町村に補助する。虐待が疑われるケースを早期に拾い上げる役割も期待されているが、担い手不足などから市町村の実施率(09年7月現在)は約84%にとどまっている。

(2010-06-11 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こんにちは赤ちゃん事業の関連情報