コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こんにちは赤ちゃん事業 こんにちはあかちゃんじぎょう

3件 の用語解説(こんにちは赤ちゃん事業の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

こんにちは赤ちゃん事業

生後4カ月までの新生乳児のいるすべての家庭を訪問し、さまざまな不安や悩みの相談に応じ、子育て支援に関する情報提供を行うもので、母子の心身の状況や養育環境を把握し、助言を行い、支援が必要な家庭は育児支援家庭訪問事業につなげたり、保健センターにおける保健師等の家庭訪問につなげる。この事業の目的は、乳児のいる家庭の地域での孤立を防ぎ、育児不安の軽減や子供虐待の予防に結び付ける。国の事業として2007年にスタートした。 訪問者としては母子保健推進員、愛育班員、民生児童委員子育て経験者などが想定されており、各地域で適切な訪問者の発掘が求められている。

(中村敬 大正大学人間学部人間福祉学科教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

こんにちは赤ちゃん事業

生後4カ月までの乳児がいる家庭を、市町村が選定した保健師や児童委員らが全戸訪問し、相談に乗る。核家族化少子化が進み、育児に関する知識・経験が乏しくなった母親を支援する狙いで、厚生労働省が2007年度から始めた。費用の半額を市町村に補助する。虐待が疑われるケースを早期に拾い上げる役割も期待されているが、担い手不足などから市町村の実施率(09年7月現在)は約84%にとどまっている。

(2010-06-11 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こんにちはあかちゃん‐じぎょう〔‐ジゲフ〕【こんにちは赤ちゃん事業】

乳児家庭全戸訪問事業

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こんにちは赤ちゃん事業の関連キーワード生後全家全曲完全母乳鬼乳愛はすべての上にすべての石の下に新生児死亡率フリード法則乳幼児健診と訪問事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

こんにちは赤ちゃん事業の関連情報