しおり

精選版 日本国語大辞典「しおり」の解説

しおり しほり【枝折をり・栞】

〘名〙 (動詞「しおる(枝折)」の連用形の名詞化。「しをり」と書かれることも多い)
① 山道などで、目じるしのために木の枝を折って道しるべとすること。また、草を結び、紙を結びつけなどして、道しるべとすること。また、そのもの。また広く、道をたずねる目じるしとなるもの。道しるべ。道案内。
※大和(947‐957頃)五四「しをりしてゆく旅なれどかりそめの命しらねばかへりしもせじ」
※新古今(1205)春上・八六「吉野山こぞのしほりの道かへてまだみぬかたの花を尋ねん〈西行〉」
② (栞) 書物の読みかけのところ、あるいはあとで読みかえしたいところなどにはさみこんでしるしとするもの。紙、布、糸、または木、竹、皮、セルロイド、金属などの薄板を用いる。形はさまざまで、頭部にひもをつけることが多い。
※俳諧・延享廿歌仙(1745)一四「帷子の暁さむくよれあがり 本の枝折に無造作な銭〈旨原〉」
③ (栞) 不案内の人のためにわかりやすく説明した小冊子。案内書。手引書。「旅のしおり」「入学のしおり」など。
※咄本・落噺常々草(1810頃)松の内「むかしむかしのしばかるぢぢいは、おとしばなしのしおりとなり」
④ 城郭の出入り口。
※太閤記(1625)一二「渡辺大声を上、すきまをあらせず追立追立、三之丸しをりぎはまで追入しか共」
⑤ 「しおりど(枝折戸)」の略。
※史記抄(1477)五「縄枢はしをりなんとは縄を以て戸のあけたてをするほどにぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android