コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃというて ジャトイウテ

デジタル大辞泉の解説

じゃと‐いうて[接]

[接]《助動詞「じゃ」+助詞「と」+動詞「いう」のウ音便形+助詞「て」から》ある事柄を認めたうえで、それが通らないことを述べるときに用いる。だからといって。ではあるが。
「苦々しいことぢゃ。―行かずには居られぬ」〈虎寛狂・皸〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃというて

( 接続 )
〔助動詞「じゃ」に助詞「と」、動詞「いう」の連用形の音便の形「いう」、助詞「て」の付いたもの〕
上に述べた事柄を一応認めながらも、それに反するようなことを述べる場合に用いる。だといって。だからといって。 「『わたしと一緒にござんせいなあ』『-、このやうな形なりで、どうして行かれるものぢやぞいなあ』/歌舞伎・吾嬬鑑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

じゃというての関連キーワード黒髪(地唄、長唄)じゃてて助詞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android