コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃというて ジャトイウテ

デジタル大辞泉の解説

じゃと‐いうて[接]

[接]《助動詞「じゃ」+助詞「と」+動詞「いう」のウ音便形+助詞「て」から》ある事柄を認めたうえで、それが通らないことを述べるときに用いる。だからといって。ではあるが。
「苦々しいことぢゃ。―行かずには居られぬ」〈虎寛狂・皸〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃというて

( 接続 )
〔助動詞「じゃ」に助詞「と」、動詞「いう」の連用形の音便の形「いう」、助詞「て」の付いたもの〕
上に述べた事柄を一応認めながらも、それに反するようなことを述べる場合に用いる。だといって。だからといって。 「『わたしと一緒にござんせいなあ』『-、このやうな形なりで、どうして行かれるものぢやぞいなあ』/歌舞伎・吾嬬鑑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

じゃというての関連キーワード黒髪(地唄、長唄)じゃてて助詞

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android