事柄(読み)コトガラ

デジタル大辞泉の解説

こと‐がら【事柄】

物事の内容・ようす。また、物事そのもの。「調べた事柄を発表する」「新企画に関する極秘の事柄」「重大な事柄
《「こつがら(骨柄)」の音変化という》人物のありさま。体格。品格。
「つらだましひ、―、いづれも劣らず」〈平家・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ことがら【事柄】

ものごとの内容や様子。また、単にものごと。 「重要な-」 「見聞したさまざまな-」
〔「骨柄こつがら」の転〕
人の体の骨ぐみ。骨格。 「誠に器量-人に勝れたりければ/太平記 10
人柄。人品。 「容儀・-おとなしやかにて大将軍なりとぞみえし/保元

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事柄の関連情報