事柄(読み)ことがら

精選版 日本国語大辞典「事柄」の解説

こと‐がら【事柄】

〘名〙
① ことのすじみち。ことのありさま。様子。事態。また、単に、物事そのもの。事実。
※今鏡(1170)一〇「いと優れて聞ゆる事もなく、叶はずもやあらん。されども事がらの優しく聞えし也」
※開化のはなし(1879)〈辻弘想〉二「学文せぬとて、事務(コトガラ)に明るく、世の情態に馴れたる人は」
② 人の容姿・態度。体格。人品。骨柄(こつがら)
平家(13C前)九「武士は六人、〈略〉つらだましひ事がらいづれもおとらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「事柄」の解説

こと‐がら【事柄】

物事の内容・ようす。また、物事そのもの。「調べた事柄を発表する」「新企画に関する極秘の事柄」「重大な事柄
《「こつがら(骨柄)」の音変化という》人物のありさま。体格。品格。
「つらだましひ、―、いづれも劣らず」〈平家・九〉
[類語]事物事象物事現象出来事余事余所よそ他事他人事人事ひとごと雑事諸事事件時事事故異変大変急変変事大事だいじ大事おおごと小事細事些事世事俗事私事しじ私事わたくしごと用事珍事不祥事アクシデントハプニングセンセーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「事柄」の解説

【事柄】じへい

ものの核心権力。〔漢書、佞幸、石顕伝〕顯、に自らを擅(ほしいまま)にし、事掌握に在るを知るも、天子の一旦左右の耳目用し、以てすることるをる。

字通「事」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android