事柄(読み)ことがら

精選版 日本国語大辞典「事柄」の解説

こと‐がら【事柄】

〘名〙
① ことのすじみち。ことのありさま。様子。事態。また、単に、物事そのもの。事実。
※今鏡(1170)一〇「いと優れて聞ゆる事もなく、叶はずもやあらん。されども事がらの優しく聞えし也」
※開化のはなし(1879)〈辻弘想〉二「学文せぬとて、事務(コトガラ)に明るく、世の情態に馴れたる人は」
② 人の容姿・態度。体格。人品。骨柄(こつがら)
※平家(13C前)九「武士は六人、〈略〉つらだましひ事がらいづれもおとらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「事柄」の解説

こと‐がら【事柄】

物事の内容・ようす。また、物事そのもの。「調べた事柄を発表する」「新企画に関する極秘の事柄」「重大な事柄
《「こつがら(骨柄)」の音変化という》人物のありさま。体格。品格。
「つらだましひ、―、いづれも劣らず」〈平家・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android