コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つっころばし つっころばし

1件 の用語解説(つっころばしの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

つっころばし

歌舞伎の二枚目の役柄の一。年若で突けば転がるような柔弱な男の役。 「仁科君はなか〱色男だね。失敬だがちよいと-と云ふ所があるよ/あくび 潤一郎

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のつっころばしの言及

【二枚目】より

…本来は〈和事(わごと)〉または〈やつし〉と呼び,優美な男性が色恋を演じる芸のかたちである。白粉(おしろい)を塗っている色男の役で,この役柄の中に,〈つっころばし〉というコミカルな味わいのより濃い役柄(たとえば《双蝶々曲輪日記》の与五郎)も含まれる。〈二枚目は三枚目の心で演じよ〉という口伝があり,それが進んだときにこういう役柄が生まれた。…

※「つっころばし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

つっころばしの関連情報