どろめん

世界大百科事典内のどろめんの言及

【お弾き】より

…その最初が泥めんこの類で,小型のものが〈はじきめん〉として市販された。〈どろめん〉〈めんめんじゃこ〉などはこれにちなんだ別称である。その後,明治後期にガラス製の〈はじき〉が登場するが,ほかに練り物や米の粉でも作られた。…

※「どろめん」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android