ねじれ軒(読み)ねじれのき

世界大百科事典内のねじれ軒の言及

【社寺建築構造】より

…地垂木と飛檐垂木の出の比は,奈良時代は2:1くらいであるが,中世では3:2程度になり,しだいに飛檐の出が長くなっている(図6)。 社寺建築の外観を特徴づける軒の反り上がり(軒反)をつくるのに,垂木の傾斜を同じにして,桁と隅木の反りにしたがい垂木を平行移動してつくるものを平行垂木といい,垂木の傾斜をしだいに変化させて,ねじれた曲面をつくるものをねじれ軒という。地垂木の勾配は飛檐垂木より急なので,木負,茅負の断面が直角であると,軒が反り上がるにしたがい飛檐垂木が短くなる。…

※「ねじれ軒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android