ばい煙の排出の規制等に関する法律(読み)ばいえんのはいしゅつのきそくとうにかんするほうりつ

世界大百科事典内のばい煙の排出の規制等に関する法律の言及

【大気汚染防止法】より

…大気汚染防止法としては1968年に公布。1962年制定の〈ばい煙の排出の規制等に関する法律〉は同法の前身にあたる。この1962年法は,1960年代以降,四日市喘息など大気汚染問題が各地で深刻化したことに対処すべく制定されたものであったが,固定発生源への規制のみが念頭におかれていたために,自動車の排出ガスを規制対象に含まず,規制が指定地域に限られるなど不備な点が多かった。…

※「ばい煙の排出の規制等に関する法律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android