ひねりぶみ

世界大百科事典内のひねりぶみの言及

【短冊】より

…起源は古く,《日本書紀》や《続日本紀》には短籍と記し,《枕草子》にも用例があるが,いずれも現今とは異なるものである。当初は寸法が一定でなく,〈ひねりぶみ〉と称した小紙片で,字を書きつけて籤(くじ)とし,また吉凶を占うのに用いたことが見える。和歌を書くことは,平安時代に歌集編集に当たって小紙片に1首宛て書きつけてまとめたことに始まるともいわれるが,確証はない。…

※「ひねりぶみ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android