ひねりぶみ

世界大百科事典内のひねりぶみの言及

【短冊】より

…起源は古く,《日本書紀》や《続日本紀》には短籍と記し,《枕草子》にも用例があるが,いずれも現今とは異なるものである。当初は寸法が一定でなく,〈ひねりぶみ〉と称した小紙片で,字を書きつけて籤(くじ)とし,また吉凶を占うのに用いたことが見える。和歌を書くことは,平安時代に歌集編集に当たって小紙片に1首宛て書きつけてまとめたことに始まるともいわれるが,確証はない。…

※「ひねりぶみ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android