べた書(読み)べたがき

精選版 日本国語大辞典「べた書」の解説

べた‐がき【べた書】

〘名〙 べた一面に書くこと。全面にぎっしりと書きつけること。また、その書いたもの。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉附録「馬肉なべとべた書(ガキ)になぐり附けた障子の中から」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「べた書」の解説

べた‐がき【べた書(き)】

べたにびっしりと書くこと。また、その書いたもの。「段落なしにべた書きにする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android