コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段落 ダンラク

デジタル大辞泉の解説

だん‐らく【段落】

長い文章を内容などからいくつかに分けた区切り。形式的に、1字下げて書きはじめる一区切りをいうこともある。段。パラグラフ。
物事の区切り。切れ目。→一段落
「陰と日向の―が確然(かっきり)して」〈漱石三四郎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だんらく【段落】

長い文章の中の、一つの主題をもってまとまった部分。また、その切れ目。段。節。
物事の区切り。 「一-」 「陰と日向ひなたの-が確然かつきりして/三四郎 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の段落の言及

【文章】より

…文もそれ自体完結したものではあるが,文章の脈絡の中においては,低次の部分をなすにすぎない。長い文章では,いくつかの文が部分的にまとまって段落をなすのが普通で,小さい段落が互いに結合しつつしだいに大きい段落をなして,ついに一つの文章をなす。その各段階の段落も,それ自身文章と見ることもできる。…

※「段落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

段落の関連キーワード複縦線・終止線 [double bar line]スタイルシート (DTP)イニシャルキャップハンギングキャップイントネーションオートインデントドロップキャップレーズドキャップ区切り・句切りスタイル機能トラッキングファンタズスインデントカーニングパラグラフ意味段落三句切れ形式段落行頭文字段落書式

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

段落の関連情報