コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もて扱う モテアツカウ

デジタル大辞泉の解説

もて‐あつか・う〔‐あつかふ〕【もて扱う】

[動ワ五(ハ四)]2が原義》
取り扱いに困る。もてあます。
「飛んだ奴に引っ掛かったと思って―・っているのだ」〈鴎外
大切に取り扱う。世話をする。
「ことなることなき人の、子などあまた―・ひたる」〈・一五五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

もて扱うの関連キーワード原義