もて扱う(読み)モテアツカウ

デジタル大辞泉の解説

もて‐あつか・う〔‐あつかふ〕【もて扱う】

[動ワ五(ハ四)]2が原義》
取り扱いに困る。もてあます。
「飛んだ奴に引っ掛かったと思って―・っているのだ」〈鴎外
大切に取り扱う。世話をする。
「ことなることなき人の、子などあまた―・ひたる」〈・一五五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android