コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世話 セワ

2件 の用語解説(世話の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せ‐わ【世話】

[名](スル)
面倒をみること。尽力すること。「病人の世話」「大きなお世話」「親身になって世話する」
間に立って斡旋(あっせん)すること。取り持つこと。「就職先を世話する」
手数がかかってやっかいであること。面倒であること。「世話が掛かる」→御世話様(おせわさま)
世間の人がする話。世間の言いぐさや慣用の言葉。また、日常語や俗語。「世話に砕いて言う」
通俗的、また庶民的であること。
「―らしい打解けた風は頓(とみ)に失せて」〈鏡花高野聖
世話物」の略。
[補説]13は「せわ(忙)しい」の「せわ」からか。
[形動]《近世語》手数がかかるさま。面倒だ。
「あた―な家持ちよりは、金持ちが遥かましでもあらうかと」〈浄・河原達引

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せわ【世話】

( 名 ) スル
(人や生き物に対して)気を配って面倒をみること。手数をかけて援助すること。 「植木の-」 「孫の-をする」 → 御世話
中に入って取り持つこと。仲介。斡旋あつせん。 「就職の-」 「嫁を-する」
手数がかかって苦労すること。 「 -がかかる」 → 御世話さま
日常的なこと。卑近なこと。 「 -物」 「 -場」
世間でよく口にする話や言葉。世間の言いぐさ。下世話。 「誠に-にも、建長寺の庭を鳥帚で掃いた様なと申すが/狂言・鐘の音 虎寛本
世俗で使う言葉。俗語。話し言葉。 「 -ニヤワラゲタル平家ノ物語/天草本平家

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世話の関連キーワード後ろ見る親身ナニー扶育面倒見面倒を見る厄介世話焼執り見る面倒を掛ける

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世話の関連情報