コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世話 セワ

デジタル大辞泉の解説

せ‐わ【世話】

[名](スル)
面倒をみること。尽力すること。「病人の世話」「大きなお世話」「親身になって世話する」
間に立って斡旋(あっせん)すること。取り持つこと。「就職先を世話する」
手数がかかってやっかいであること。面倒であること。「世話が掛かる」→御世話様(おせわさま)
世間の人がする話。世間の言いぐさや慣用の言葉。また、日常語や俗語。「世話に砕いて言う」
通俗的、また庶民的であること。
「―らしい打解けた風は頓(とみ)に失せて」〈鏡花高野聖
世話物」の略。
[補説]13は「せわ(忙)しい」の「せわ」からか。
[形動]《近世語》手数がかかるさま。面倒だ。
「あた―な家持ちよりは、金持ちが遥かましでもあらうかと」〈浄・河原達引

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せわ【世話】

( 名 ) スル
(人や生き物に対して)気を配って面倒をみること。手数をかけて援助すること。 「植木の-」 「孫の-をする」 → 御世話
中に入って取り持つこと。仲介。斡旋あつせん。 「就職の-」 「嫁を-する」
手数がかかって苦労すること。 「 -がかかる」 → 御世話さま
日常的なこと。卑近なこと。 「 -物」 「 -場」
世間でよく口にする話や言葉。世間の言いぐさ。下世話。 「誠に-にも、建長寺の庭を鳥帚で掃いた様なと申すが/狂言・鐘の音 虎寛本
世俗で使う言葉。俗語。話し言葉。 「 -ニヤワラゲタル平家ノ物語/天草本平家

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世話の関連キーワード箸を持って食うばかりホストファミリーペットシッターベビーシッターおせせの蒲焼きカタライザー大きなお世話御守り・御守面倒を見る世話を焼く時代浄瑠璃ベルボーイ影身に添う世話をかく手が焼けるアテンド陰間茶屋世話丸髷時代狂言ケアラー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世話の関連情報