コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もののふ

デジタル大辞泉プラスの解説

もののふ

柴田錬三郎の歴史小説短編集。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のもののふの言及

【武士】より

…院政期ころより身分として定着しはじめ,〈武家〉とも呼ばれるようになった。
【中世】
 武芸すなわち弓射騎馬を専業とする者,または武勇をもって主人に仕え戦場で戦う人をいい,一般に〈もののふ〉〈武人〉〈武者〉〈(さむらい)〉などと同義語。しかし歴史上の概念としてはより狭義に用い,武力を有する封建的領主階級およびその先駆的存在としての特定の社会階層に属する人々をさす。…

※「もののふ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

もののふの関連キーワードかたかごの花有耶無耶の関益荒男・丈夫言葉を下ぐ柴田錬三郎けーじろー瀬田の唐橋黒沢忠三郎潮田又之丞玉藻なす清水宗治楢山佐渡中野竹子潮解けし召し集ふ八十伴緒八十の心汲み紛ふ恋い死に荒けなし

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もののふの関連情報