コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイドス[山] あいどす

世界大百科事典内のアイドス[山]の言及

【トロス[山脈]】より

…海岸から急にそびえ,アダナ近郊のセイハンSeyhan川のデルタ地帯(キリキアまたはチュクロバと呼ばれる)を除いて平野は少ない。アイドスAydos山(3480m),デミルカズクDemirkazık山(3756m)など3000mを超える高峰がそびえる。東端にキリキア門があり,海岸とアナトリア高原を結ぶ重要な通商路として古来より利用されてきた。…

※「アイドス[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android