コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイヌ・コロボックル論争 あいぬころぼっくるろんそう

世界大百科事典内のアイヌ・コロボックル論争の言及

【コロボックル】より

…当時の学会では日本の石器時代人はアイヌであるとする,P.F.vonシーボルト以来の学説が主流を構成しており,この説に立つ白井光太郎,鳥居竜蔵,小金井良精らと坪井との間で,はげしい論争が展開された。〈コロボックル論争〉あるいは〈アイヌ・コロボックル論争〉と呼ばれるこの論戦は,アイヌ説の圧倒的な優勢の中で,1913年坪井の急逝のため,最終的な結論を得ぬまま中断された。コロボックルについても,いまだに実体は明確となっていないが,日本人の起源についての研究を飛躍的に発展させ,深めたという意味で,この論争は学史上逸することのできない意義をもつ。…

※「アイヌ・コロボックル論争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android