コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイルランド国民劇場協会 あいるらんどこくみんげきじょうきょうかい

世界大百科事典内のアイルランド国民劇場協会の言及

【アイルランド演劇】より

…1899年,イェーツとグレゴリー夫人の協力によるアイルランド文芸劇場Irish Literary Theatreの設立から,この国の演劇は始まると考えてよい。イギリスやヨーロッパの商業的あるいは自然主義的演劇の模倣ではなく,祖国の神話,民俗的伝統,また社会的現実に題材を求めること,ただし政治的党派性を排して,真の民族的文化の自覚を高めること――このような目標をかかげて同志を集めた運動は,1903年アイルランド国民劇場協会Irish National Theatre Societyへと発展し,04年にはホーニマン女史の援助でダブリンに拠点劇場アベー座が建てられた。伝説的英雄クーフリンを扱った《バーリアの浜辺で》(1904初演)から最晩年の《煉獄》(1938初演)にいたるイェーツの戯曲のほとんどがここで初演されたほか,脱獄した独立運動家を扱ったグレゴリー夫人の《月の出》(1907初演),アラン諸島に生きる貧しい漁民たちの不幸を描いたJ.M.シングの簡潔な悲劇《海へ騎(の)りゆく人々》(1904初演)などの秀作が生まれた。…

【アイルランド文学】より

… 1899年,イェーツはアイルランド文芸劇場を設立して,本格的な演劇運動に入る。初期にあっては,イェーツの民話劇のほかに,イプセンの影響を受けたエドワード・マーティンやジョージ・ムーアの劇や,ゲール語で書かれたハイドの劇が上演されるなど,運動の方針は必ずしも定まらなかったが,1902年フェイ兄弟の組織するアイルランド素人俳優の劇団を得,翌年アイルランド国民劇場協会に改組,イェーツ,グレゴリー夫人,シングが加わり,優れた作品を次々に生み出した。04年にはアベー座を開設,ここを拠点にして黄金時代を築きあげた。…

【アベー座】より

…アイルランド,ダブリンの劇場。イェーツ,グレゴリー夫人らが結成したアイルランド国民劇場協会を母体として,1904年にホーニマンAnnie Horniman女史(1860‐1937)の財政援助をえて開場。両作家のほかシング,オケーシーなどの戯曲を上演し,アイルランド演劇の確立をめざした。…

【イェーツ】より

…1889年,ケルト文化特有の非現実への憧れにみちた処女詩集《アシーンの放浪》を出版。良きパトロンのグレゴリー夫人と語らって,99年アイルランド文芸劇場(のちにアイルランド国民劇場協会)を設立。その本拠アベー座の運営による社会的現実との接触は,《キャスリーン・ニ・フーリハン》(1902初演)をはじめとするアイルランド伝説に題材を得た劇作とあいまって,詩人としての成熟をも促した。…

※「アイルランド国民劇場協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone