コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウストラロピテクス・ボイジイ あうすとらろぴてくすぼいじい

世界大百科事典内のアウストラロピテクス・ボイジイの言及

【猿人】より


[がんじょうな猿人]
 1938年,R.ブルームが南アフリカのクロムドラーイで出土の化石にパラントロプス・ロブストゥスの学名を与えて以来,南および東アフリカで多数の化石が発見されてきた。東アフリカからは,1959年にL.リーキーがジンジャントロプス・ボイジイと名づけた頭骨化石が最初であるが,まもなくリーキー自身が,その学名を,アウストラロピテクス・ボイジイに変更した。現在は全体を一つの種とみなして,アウストラロピテクス・ロブストゥスの学名で呼ぶことが多くなっている。…

【ジンジャントロプス】より

…しかしまもなく,リーキー自身も含めて多くの学者が,ジンジャントロプスをアウストラロピテクスと同義語と認めるようになった。現在は東アフリカで発見されている同類の化石をも含めて,アウストラロピテクス・ボイジイ,ないしはアウストラロピテクス・ロブストゥスの学名で呼ぶことが多い。【岩本 光雄】。…

※「アウストラロピテクス・ボイジイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone