アウトラインプロセッサー(読み)あうとらいんぷろせっさー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アウトラインプロセッサー

さまざまなアイデアを整理してまとめるためのソフトウェアアイデアプロセッサーとも呼ばれる。文章あるいは計画などを、各項目で編集して、階層や順序を整理し、全体の構成を形作るための機能を持つ。ワープロソフトやテキストエディターの中には、アウトラインプロセッサーの機能を持つものもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アウトライン‐プロセッサー(outline processor)

コンピューターで、データに階層構造をもたせることができるソフトウエア。ワープロと組み合わせて使うと、章、節、項などの階層構造を見通しながら、細部を編集することができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アウトラインプロセッサー【outline processor】

コンピューターのソフトウエアの一。データを章・節などに階層化することができ、文章を作成するために使われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報