コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウナ,K あうな

世界大百科事典内のアウナ,Kの言及

【アフリカ文学】より

…そして,ポスト・コロニアル時代の作家が一様に深い挫折と自己疎外に陥っていることは注目すべき現状と言える。アチェベの《国民の中の一人》(1966),アーマの《美しき者いまだ生まれず》(1968),サンベーヌの《ハラ》(1970),アウナKofi Awoonor(1935‐ )の《この大地,わが同胞》(1971),ムワンギMeja Mwangi(1948‐ )の《リバー・ロードを下る》(1976),グギの《血の花弁》(1977)などは,独立以後の国家形成の暗部を照らす一部にすぎず,アウナ,ショインカ,グギらは投獄を余儀なくされ,ラ・グーマ,クネーネMazisi Kunene(1930‐ ),ベティらの国外亡命が続いている。またエクウェンシ,アチェベ,イローEddie Irohらの最近作にはビアフラ戦争の暗影が濃い。…

※「アウナ,K」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android