コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アエル あえる

世界大百科事典内のアエルの言及

【アナクシメネス】より

…その著作の一つの断片には〈空気たるわれわれの魂がわれわれを支配維持するがごとく,コスモス全体を包括するのは気息,すなわち空気なり〉と書かれている。彼はアナクシマンドロスの〈ト・アペイロン〉を〈空気(アエルaēr)〉であると理解し,空気という元素的なもの一つで万物の成立を説明できると考えた。すなわち空気の濃厚化と希薄化の作用によって,例えば雲や水,土や石などの異なったものができるとしたのである。…

※「アエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アエルの関連キーワードハウプトマン(Gerhart Hauptmann)ロラン(Romain Rolland)ウースチーナドラベムノルウェー漁業事件ラウエンブルクボイエルデューアナクシメネスボワエルデューパリのジャンエムブラエルスターツ出版北ユランス県仁科由紀子白衣の婦人有力な方言アイテルアダンペナン密描

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アエルの関連情報