コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカデミア・デ・サン・カルロス あかでみあでさんかるろす

世界大百科事典内のアカデミア・デ・サン・カルロスの言及

【ラテン・アメリカ美術】より

…ビリャルパンド(メキシコ)やミゲル・カブレラ(同),ミゲル・デ・サンチアゴ(エクアドル),ディエゴ・キスペ・トティト(ペルー)らの作家が輩出した。
[近・現代]
 1785年のメキシコにおけるアカデミア・デ・サン・カルロス開校に象徴されるように,19世紀に入ると新古典主義が主流となる。イエズス会士の追放と相まって,国王,ついで新しい独立国家が美術のパトロンとなり,美術の世俗化現象が促進された。…

※「アカデミア・デ・サン・カルロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカデミア・デ・サン・カルロスの関連キーワードシケイロスベラスコ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android