コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクリャ あくりゃ

世界大百科事典内のアクリャの言及

【インカ文明】より

…そしてミタと呼ばれる労力提供の義務を農民に課し,彼らをトウモロコシ,ジャガイモを中心とする農業,リャマ,アルパカ,ビクーニャなどの牧畜,金・銀・銅の鉱産,有事の軍役に従事させた。農民層からは,さらにヤナコナ(奴隷,召使)やアクリャ(選ばれた女性)が徴発され,アクリャは宮殿に入れられて,一生処女を守りながら太陽の神に奉仕し,皇帝のための織物を織った。 インカ文明を形づくる諸技術は,プレ・インカ時代の地方文化の伝統を背景に発展したもので,かならずしもインカ時代に創出されたものではない。…

※「アクリャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アクリャの関連キーワードインカ文化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android