コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクロコリンソス Akrokorinthos/Ακροκόρινθος

デジタル大辞泉の解説

アクロコリンソス(Akrokorinthos/Ακροκόρινθος)

アクロコリント

アクロコリント(Akrokorinthos/Ακροκόρινθος)

ギリシャ南部の都市コリントにあるアクロポリス。古代都市コリント遺跡の南西に位置する標高575メートルの小高い山を指す。東ローマ帝国ベネチア共和国・オスマン帝国など、さまざまな時代に城塞(じょうさい)として利用された。ギリシャ正教の教会やイスラム寺院も点在する。アクロコリントス。アクロコリンソス

アクロコリントス(Akrokorinthos/Ακροκόρινθος)

アクロコリント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アクロコリンソスの関連キーワードベネチア共和国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android