コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシライ中入 あしらいなかいり

世界大百科事典内のアシライ中入の言及

【出入事】より

…大小物と太鼓物の両様がある〈早笛(はやふえ)〉は,《春日竜神》《張良》《船弁慶》などの竜神や鬼などが勇壮に登場するのに用いられる。 入端事は数が少なく,《大原御幸(おはらごこう)》《班女》など,主として悲しみに沈んでいる女性の中入(なかいり)に用いる〈アシライ中入〉と,一噌(いつそう)流の笛が夢幻能の前ジテの中入に奏する〈送リ笛〉の二つだけである。 なお,前述の〈来序〉(《嵐山》《賀茂》など)と〈早鼓〉(《国栖(くず)》《鉢木》など)は,どちらかというと入端事に含めて考えられている。…

※「アシライ中入」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アシライ中入の関連キーワードアシライ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android