コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジャミー あじゃみー

世界大百科事典内のアジャミーの言及

【アラブ】より

…定住民のクライシュ族の場合,そのメッカ征服と定住の際には部族全体の族長があったが,その後は族長はなく,各氏族がそれぞれ家長(クライシュ族の場合は特に家長という)とマジュリスを持ち,部族全体の利害にかかわる重大事の決定に際しては,各氏族の有力者からなる集会マラーが開かれた。
[イスラムとアラブ]
 コーランにはアラブという語そのものは見えないが,異人の言葉アジャミー‘ajamīに対して,北アラブ,南アラブ,定住民,遊牧民を通じての共通語であるアラビー‘arabīという語が見え,ムハンマドは言語を媒介としながら,一つの民族としてのアラブという観念を表明した最初の人となった。コーランにはアラビーのほか,それと同じ語根から出たアーラーブA‘rābという語が見えるが,それは定住民に対して遊牧民を意味する。…

※「アジャミー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android