アステュダメイア(読み)あすてゅだめいあ

世界大百科事典内のアステュダメイアの言及

【ペレウス】より

…異母兄弟を殺してフティアへ逃げた彼は,同地の王エウリュティオンEurytiōnから罪を潔(きよ)められ,王女アンティゴネと領地の一部を与えられて王とされた。しかしカリュドンの猪狩りで誤って義父を死なせたため,イオルコス王アカストスAkastosのもとへ行き,彼から罪を潔められたが,王妃アステュダメイアAstydameiaが彼に恋し,密会を迫った。彼がそれを拒むと,王妃はアンティゴネに偽りの使者を送る一方,夫にも彼が邪恋を寄せたと訴えた。…

※「アステュダメイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android