コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アストラン あすとらん

世界大百科事典内のアストランの言及

【アステカ文化】より

…テノチティトランと呼ばれた現在のメキシコ市の中心部に都を置き,14世紀からスペイン人によって征服された1521年まで栄えた文化。アステカAztecaとは彼らの伝説上の起源の地,〈アストランAztlan〉の人を意味する。しかし,アステカ族はのちに,メシトリ神をあがめる人を意味する〈メシカMexica〉と称した。…

【サボテン】より

…【湯浅 浩史】
[メキシコ国旗]
 メキシコの国旗の中央にはウチワサボテン(現地ではノパルnopalと呼んでいる)の上にヘビをくわえたワシがとまっている図が描かれている。その由来は,先住の地〈アストラン〉(それがどこにあったかはまだ不明)を離れ,永住の地を求めてさすらいの旅にでたアステカ人を先導する部族神の神託によれば,彼らの定住地は〈サボテンの上でワシが休んでいる所〉であった。その場所を都と定めたが,これがテノチティトランであり,今のメキシコ市の地である。…

※「アストラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アストランの関連キーワードアステカ民族アステカ文化

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android