アスフォデロス(読み)あすふぉでろす

世界大百科事典内のアスフォデロスの言及

【スイセン(水仙)】より

…なお,この伝説に見えるスイセンは白い花のクチベニスイセンだといわれ,黄色い花をつけるダフォディル(現在ではスイセン属をさす)には,別の神話があり,それによれば,ナルキッソスの花の冠を着けて眠っていたペルセフォネに,冥界の神ハデスが手を触れたため,スイセンは黄色い花に変わったという。ちなみに,ダフォディルの名は,ギリシア神話にある死者の国に咲く不花(ふちようか)アスフォデロスasphodelosに由来し,ゆえに古くから墓地に植えられた。クチベニスイセンの花ことばは〈自己愛〉,ダフォディルは〈報われぬ恋〉である。…

※「アスフォデロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android