コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アズド族 あずどぞく

世界大百科事典内のアズド族の言及

【ラフム朝】より

…ササン朝ペルシアの宗主権下にあり,盛時には領域はシリア砂漠からバフライン(現在のハサー)にまで及んだ。最初の数代の王はアズド族の出身であったが,アムルはラフム族に属し,以後1人の例外を除き,代々の王はアムルの子孫によって占められた。6世紀の初めキンダ王国の王ハーリス・ブン・アムルの支配を受けたが,529年ムンジル3世はハーリスとその一族50人あまりを殺してキンダ王国を滅ぼし,シリアへ遠征してアンティオキアまで至った。…

※「アズド族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アズド族の関連キーワードハリール・ブン・アフマドガッサーン朝ムバルラドラフム朝

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android