コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッバース・エフェンディー(読み)あっばーすえふぇんでぃー

世界大百科事典内のアッバース・エフェンディーの言及

【バハーイー教】より

…彼は各国の指導者に手紙を送って新宗教の支持を訴え,死後2年で早くもアメリカに最初のバハーイー教徒の組織が形成された。長子アッバース・エフェンディー‘Abbās Efendī(1844‐1920)は父の後を継ぎ,1910年代に欧米に布教の旅を続けて大きな成果を挙げ,同地域におけるバハーイー教の基礎を築いた。3代目教主ショウギー・エフェンディーの時代になって,同教の中心はハイファに移され,今日に至るまで活発な布教活動が続けられているが,教祖の生国イランでは異端視され布教が禁じられている。…

※「アッバース・エフェンディー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android