コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドゥラ,C. あどぅら

世界大百科事典内のアドゥラ,C.の言及

【コンゴ動乱】より

…根拠地スタンリービル(現,キサンガニ)へ脱出をはかったルムンバは61年2月に虐殺されたが,これより先,ルムンバ派のギゼンガAntoine Gizenga副首相が60年12月にスタンリービルで中央政府の樹立を宣言した。このように政局は混迷の度を強めたが,61年8月に中道派のアドゥラCyrille Adoulaを首班とする挙国一致内閣が発足してスタンリービル政権は自主的に解消し,南カサイも62年9月に分離独立を撤回した。他方,カタンガだけは国連,アメリカなどの調停でコンゴの不可分性の原則を認めながらも分離の状態をつづけたが,62年末に始まる国連軍の総攻撃に屈し,チョンベが63年1月同州の分離を撤回してコンゴの一体性は回復された。…

【コンゴ民主共和国】より

…しかも西側諸国はレオポルドビル政権を支持しながらカタンガ分離主義勢力に対してもあいまいな態度を示し,東側諸国はスタンリービル政権を支持するなどしたために,動乱はいっそう複雑な様相を呈した。しかし61年8月にアドゥラを首班とする中道的な挙国一致内閣が成立したことで中央政府は一本化し,62年12月中旬以降の国連軍の武力攻撃によって,エリザベトビル(現,ルブンバシ),コルウェジなどカタンガ州の主要都市が次々に陥落したため,チョンベは63年1月中旬にカタンガの分離の撤回を宣言し,ここに第1次コンゴ動乱は終結した。 動乱の終結後も,経済の悪化,中央政府と旧ルムンバ派の対立の再燃などで,コンゴ情勢は安定を回復できなかった。…

※「アドゥラ,C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android