コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナフィル あなふぃる

世界大百科事典内のアナフィルの言及

【ナフィール】より

…その奏法はペルシアやトルコまたはムガル帝国の細密画(ミニアチュール)の戦争場面にしばしば描かれている。ナフィールは元来アラビア語であるが,11世紀以後イスラム教徒によってイベリア半島にもたらされ,スペイン語でアニャフィルañafil,ポルトガル語でアナフィルanafirの形で取り込まれた。なおファンファーレの語源はナフィールであるといわれる(H.G.ファーマー)が,それはアラビア語のナフィールの複数形anfārに由来する。…

※「アナフィル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アナフィルの関連キーワードナフィール