コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナンデールヨコエビ あなんでーるよこえび

世界大百科事典内のアナンデールヨコエビの言及

【琵琶湖】より

…小型貝類のミジンマメタニシやミズシタダミは,近縁種がカムチャツカから北海道までの各地に広く分布したものが,琵琶湖の深底にひっそりと残ったものである。問題のあるのは甲殻類のカマカヨコエビやアナンデールヨコエビで,これの近縁種あるいは同種のものは北方海域の沿岸部だけに分布している。現在までの地質上の知見では,琵琶湖が海と直接連なったことはないとされているから,この分布は微妙な問題を提供する。…

※「アナンデールヨコエビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android