コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニオン anion

翻訳|anion

栄養・生化学辞典の解説

アニオン

 負に荷電したイオン.Cl,NO3,SO4,PO4など.陰イオンともいう.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アニオン【anion】

陰イオン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アニオン

イオン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアニオンの言及

【イオノン】より

ヨノンともいう。環状テルペンケトンの一種。その希薄溶液はスミレの香気を有し,重要な合成香料の一つである。ふつうはα‐体とβ‐体の2異性体の混合物である。無色の液体で,水にはほとんど溶けないがアルコールにはよく溶ける。沸点は,α‐体123~124℃(11mmHg),β‐体127~128.5℃(10mmHg)。シトラールとアセトンとのクライゼン縮合で得られたプソイドイオノンを閉環して合成される。両異性体の混合割合は,環化反応の際に使用される酸(ふつうはリン酸,硫酸など)の種類によって異なる。…

※「アニオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アニオンの関連キーワードジエチルアミノエチルセファデックスジエチルアミノエチルセルロースアルキルベンゼンスルフォン酸リンス・イン・シャンプーシクロペンタジエニル錯体トリフェニルメタン染料イオン交換ろ(濾)過アニオン界面活性剤シクロペンタジエン陰イオン界面活性剤リビングポリマーアニオン活性剤アセタール樹脂メチレンブルーコレスチラミンイオン交換水逆性セッケンイオン交換膜ポリエーテルABS洗剤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アニオンの関連情報