コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニカト石造堰堤 あにかとせきぞうえんてい

世界大百科事典内のアニカト石造堰堤の言及

【治水】より

…これらへの対策のうち古代以来南アジアで最も力が注がれてきたのは,水害よりも干害の防止のための灌漑水利事業であった。 現在に残る古代の主要な灌漑水利工事には,マウリヤ朝時代の前4世紀末に西インドのカーティアーワール半島で河流をせき止めて建造されたスダールサナ人造湖,また後2世紀ころに南インドのカーベーリ川デルタ頂部に建造されたアニカト石造堰堤がある。以後,14世紀中期のトゥグルク朝のフィーローズ・シャー王により建設された西ヤムナー用水路をはじめ,19世紀になってイギリスによって旧パンジャーブ州,現ウッタル・プラデーシュ州西部,タミル・ナードゥ州などで進められた諸水利工事も,主として灌漑を目的とするものであった。…

※「アニカト石造堰堤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android