コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アパーチュアカード あぱーちゅあかーど

世界大百科事典内のアパーチュアカードの言及

【マイクロフィルム】より

…数十~数百コマのシート単位で情報が扱え,資料追加,差替えも可能なため,研究報告,文献,パーツリスト,マニュアルなどの資料管理に使われている。(5)アパーチュアカードaperture card コンピューター用データカードに穴をあけ,その開口部にフィルムを添付したもので,カード部分にフィルムの内容が記載できる。1資料―1カードで整理ができ,分類,抽出,配布などが容易であり,またデータ記入はPCSシステムが利用できる。…

※「アパーチュアカード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報