コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブシンチン あぶしんちん

世界大百科事典内のアブシンチンの言及

【ニガヨモギ】より

…枝葉に香料を加え,蒸留してアルコールに溶解させたものがアブサンである。苦味配糖体であるアブシンチンabsinthinを含み,大量に摂取すると神経が麻痺するという。苦みがあるのでニガヨモギの和名がついた。…

※「アブシンチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アブシンチンの関連キーワードニガヨモギ