コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブド・アルムーミン あぶどあるむーみん

世界大百科事典内のアブド・アルムーミンの言及

【マグリブ】より

…モロッコのアラブ化は12世紀以後,南北両方向から進められた。すなわち当時の歴史家バイザクal‐Baydhaqによれば,ムワッヒド朝のカリフ,アブド・アルムーミンは,12世紀中ごろにイベリア半島遠征のため,イフリーキーヤから1万4000人のアラブをモロッコ北部に来住させたという。これを端緒に,次のマリーン朝,ワッタース朝でもアラブ人傭兵は増加していった。…

※「アブド・アルムーミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アブド・アルムーミンの関連キーワードムワッヒド朝

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android