コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブハーズ人 あぶはーずじん

世界大百科事典内のアブハーズ人の言及

【アブハジア[自治共和国]】より

…ザカフカスのグルジア共和国内の北西部を占める自治共和国(後述のように近年〈共和国〉を宣言している)。旧ソ連邦の下ではアブハジア自治ソビエト社会主義共和国であった。面積8600km2,人口53万7000(1989),首都はスフミ。大カフカス山脈の西端に位置するため,大半が黒海に向かって斜面をなす山岳地帯で,わずかに黒海沿岸に平野がある。 アブハジア人(自称アプスア人)は現在この自治共和国のほか,アジャリア自治共和国,トルコ等に居住。…

※「アブハーズ人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android