コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベイラビリティ あべいらびりてぃ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アベイラビリティ

可用性のこと。RASおよびRASISであげられている項目のひとつで、システムが正常に作動する時間の割合を表す。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のアベイラビリティの言及

【アベイラビリティ理論】より

…個々の借手が必要に応じて金融機関から借り入れることのできる資金量を(信用の)アベイラビリティという。通常の財貨の取引とは異なり,金融取引においては,個々の取引相手(とくに借手)の支払能力や経済状態が決定的に重要である(信用調査)。…

【信頼性】より

…この能力を保全性maintainabilityと呼び,そのような設計を特に保全性設計と呼んでいる。製品は故障しない信頼性と修復容易な保全性とを同時に備えてはじめてバランスのとれた設計となり,この二つが満足されると,高い可動率(アベイラビリティ)availabilityを示すことになる。安全性故障【塩見 弘】。…

※「アベイラビリティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アベイラビリティの関連キーワードハイアベイラビリティアベイラビリティ理論アベイラビリティーフォルトトレラント銀行行動理論貸し手分析ローザ理論稼働性可用性製剤

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android