アポウロン(読み)あぽうろん

世界大百科事典内のアポウロンの言及

【アルバ・ユリア】より

…アプセニ山地への登山や観光の基地であり,また,ほぼ南北に流れるムレシュ川に並行して鉄道や道路が通じ,南北交通の要地になっている。町の北方20kmにある約2000年前のダキア時代の要塞アポウロンを起源とする町で,当時ダキアの政治・経済の中心地であった(ラテン名アプルムApulum)。16~17世紀にはトランシルバニア地方の政治・経済およびカトリックの中心地になった。…

※「アポウロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android