コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポテカ あぽてか

世界大百科事典内のアポテカの言及

【薬屋】より

… 医薬分業の実施が不徹底であった日本においては,薬局における処方調剤の割合が低いために,販売しうる薬の範囲に若干の相違はあるものの,〈医薬品販売〉という面では薬局も薬種商も共通のものがあり,外見上は一般には区別しにくい。医薬品【辰野 高司】
[西洋]
 ギリシア・ローマ時代にすでに薬物を扱う倉庫あるいは商店を意味する言葉としてアポテカapotheca,メディカメンタリウスmedicamentariusというラテン語の用語があった。アポテカはギリシア語のアポテケapothēkē(〈予備に取っておくこと〉の意)に由来し,ドイツ語のアポテケApotheke,フランス語のアポティケールapothicaire,英語のアポセカリーapothecaryといった後世の薬店,薬局を指す言葉となった。…

※「アポテカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アポテカの関連情報